闘病しながらフリーランスで頑張っている元IT系社畜

社畜でした。

社畜話

絶対に転職してはいけない業界と企業とは?【まとめ】

投稿日:

転職したい?

絶対に転職してはいけない業界や企業とは一体なんなのか、転職活動を行う上で大切なことを簡潔にまとめたので一緒に確認しよう。

先生、転職が……したいです……!
プログラマー
プログラマー
転職サイトとか見てる感じ?
はい、見てます……
プログラマー
プログラマー
同じPG(プログラマー)・SE(システムエンジニア)として転職するなら気をつけろよ
それは一体……?
プログラマー
プログラマー
つまりこういうことだ

転職してはいけない業界や企業とは?

まず、どちらかと言えば自分が興味のない業種または企業に勤めることはおすすめしない。
理由は飽きてしまったらただの労働者だけに成り下がってしまうため。
その中でも自分自身がやりがいのある仕事と思える、興味のそそられる企業や業界に転職することをおすすめする。

昨今では好きなことを仕事にするという風習もあるため、最低限自分の興味が持てる分野で仕事をすることで働く意欲も向上していくのは間違いではない。

次に業界を知ることも大事だ。

自分がやりたいと思った仕事事情を知っておけば転職するときのトラブルも回避できるきっかけを持てる。
表を見てみても離職率が高い、飲食業・宿泊業は人も多く仕事を辞めるきっかけは多々あるが、年収のことであったり人間関係のトラブルが多いのも安易に想像が付くのではないだろうか。

実際に友人が業界で働いていれば業界の噂話や実体験も聞かせてもらえるので、話を聞いてみるのも良いだろう。

そして転職や就活を行う際には一社にこだわり抜いて絞るのではなく、広く浅く会社に応募すること。
筆者も応募書類選考で落とされた場合、モチベーションが下がりにくく次のステップへ進みやすかったので、時間が無駄になってしまっている人は是非試して欲しい。

ブラック企業とホワイト企業の差は面接の段階で上手く聞き出すことでわかったりするものでもある。
たとえ信頼できる転職サイトを利用しても基本給や業務形態、残業形態など詳細概要が表には出ていないなら最初から「ホワイトだ」「ブラックだ」など信用するのは宜しくない。

転職するのであれば先ずここから見よう

基本給と残業形態はよく見るべし

基本給が安くて特別手当で補充している場合がある。

その場合、会社側は節税にはなるのだが、労働者側は

  • ボーナスが低くなる
  • 手当がなくなったときに手取りがものすごく低くなる
  • 退職金が少ない
  • 昇給率が少ない

など、デメリットしかない。

また残業形態にはみなし残業という制度があり、コレが鬼門である。

みなし残業の恐ろしい闇を描いた記事はこちら

漫画
みなし残業
みなし残業代

PN:きゃっす~様よりいただきましたネタです。

続きを見る

なぜなら給料に残業代が含まれているからである。

これで発生する問題は唯一つ。残業代が出ない、または曖昧ということ。

かなりストレスになるのでよく見ておこう。

手当の内容をよく見るべし

手当が技術料など曖昧な書き方をしている会社はまず持って資格所有者に手当が出ない事が多いので

手当の内容はよく見るといいだろう。

離職率をよく見るべし

離職率が高い場合は会社に何らかしらの原因があり、それにたいして対処していない事が多い。

まずあなたが転職したいように、「この職場は嫌だ。転職したい」と思った人が多い証拠である。

また、辞めざるを得ない状況に追い込まれた可能性もある。

要は会社の体制が悪いのが数字で出ているのだ。

まとめ

転職は慎重に行うことが大事だ。

本当にあなたは今転職したいのか?休職じゃだめなのか?

自分の人生と今いる環境を両天秤にかけることで、客観的に見ることをおすすめする。そして良く考えよう。
…私は失敗した。

WCR

漫画サーチに登録しています。投票もよかったらお願いしますm(_ _)m

ブログランキング

  • この記事を書いた人
戸塚 嶺(とつかたかね)

戸塚 嶺(とつかたかね)

元SIer社畜です。もう会社には所属したくない。現在闘病もしてる。 社畜時代からほそぼそと社畜漫画書いてます。

-社畜話

Copyright© 社畜でした。 , 2019 All Rights Reserved.